ゆらぎ肌って、なに?

「ゆらぎ肌とは、どんなお肌状態のことでしょうか?」そんな質問をよく頂きます。 【ゆらぎ肌】と同じように使われる、【トラブル肌】とはどのように異なるのか、ミッシェルビオでは、以下のように考えます。

【トラブル肌】とはアトピーや炎症など目に見える皮膚疾患を抱えている状態で、こちらは残念ながら化粧品では治りません。お医者様の管轄です。また、特定の化粧品成分(個人によって該当成分は異なります)にアレルギーを持っている、皮膚(表皮)がもともと薄く、刺激を感じて皮膚がすぐに赤くなる方もトラブル肌です。

それに比べ、【ゆらぎ肌】は、自分のベストな肌状態とは異なる、というような違和感を覚えるお肌状態を指しています。急なカサカサ感やピリピリ感、ハリのなさなど、一時的にお肌が敏感に傾いている状態、たとえば・・・

イメージ写真

  • 季節の変わり目に、いつも使っている化粧品が合わなくなっている気がする
  • 生理の前後、気分もイラつきがちで、肌荒れをしている
  • ストレスや緊張が長く続き、お肌にハリがない、肌荒れしやすい
  • 仕事や遊びなどで深夜まで眠れなかった翌朝、いつもよりオイリーに感じる、つっぱるなど、違和感を覚える
  • 強い日差しを浴びた後、カサカサした乾燥状態になってしまう
  • 年齢を重ね、女性ホルモンのバランスの変化に伴い、お肌の変化を感じる

食事や睡眠、心の在り方はもちろん、日々の気温、湿度などの外的環境まで、私たちの生活の中で様々なことがお肌には影響します。日々同じでいられない毎日の中で、お肌に違和感を覚えること、それを“ゆらぎ肌”と呼んでいます。

history philosophy
history treatment